ハイキング Feed

2012年07月22日SAC7月例会 稲村ヶ岳

2012年07月22日SACの7月例会は大峰山系稲村ヶ岳。
田辺支部主催で、参加者は4人。T橋さん、N河さん、Y井さん、のべ。
身軽なPTだなぁ~。少々無理しても問題ない編成ですねぇ。

07時42分橿原神宮西口集合。
09時03分大橋茶屋到着。清浄大橋09:13

前日の雨に道路も濡れていて、あまり天気は良くない出発だったけれど、
Imgp8156 Imgp8161

時折日差しがあります。
Imgp8164 Imgp8166

林道終点9:33、沢沿いを上るレンゲ坂谷はそんなに暑くない。
Imgp8168 Imgp8171

沢の水も冷たく美しい。
Imgp8172

雨上がりの初夏の山は緑が本当に美しい。
Imgp8175

これだけで、来てよかったと思えるのが、梅雨時の登山のよさでしょうか。
Imgp8180 Imgp8184

一応バリエーションルートなので、道がわかりにくい場所もあります。
Imgp8185

谷筋なので徐々に勾配がきつくなっていきます。
そんなときは無理せずゆっくり登ればいい。
Imgp8188 Imgp8196

そろそろ、レンゲ辻かなぁ~。
Imgp8199

というところで、雨が~。雨具を着るほどではないので、先をいそぐ。
Imgp8200

見えてきた、レンゲ辻、レンゲ辻到着は10:57(1時間40分/コースタイム2時間10分)
Imgp8203 Imgp8204
コースタイム30分短縮で、いいペース。

ここからは、斜面をトラバースして山上辻を目指します。
自然林も増えてクマザサも出てきてさらに楽しくなります。
Imgp8207 Imgp8208

道幅が狭く、切れ落ちているところもあるので慎重に。
Imgp8210
去年の12月に来た時は、雪が付いていて、気持ちよかった。

やがて、稜線にでて、道幅も広くなりもうすぐ稲村小屋がある山上辻だなぁと思うと、
ピヨコっと大日山が見えました。
Imgp8213 Imgp8214

ここまで来ると大峰に来たんだなぁとしみじみ思う。
Imgp8215

稲村小屋到着(11:45)ここは休憩も含めてコースタイム通りに到着。
Imgp8220
やってまっせの看板。今年は2回目。

ぴょこっと大日山がすぐそばに。
Imgp8223

先に稲村ヶ岳山頂を目指して、
Imgp8225

到着(12:37)
Imgp8229

山頂展望台にて
Imgp8230 Imgp8231 Imgp8233
残念ながら、展望はあまりよくありませんが、無事山頂到着。

折り返して、大日山に向かいます。
途中の脚立が崩壊していてここの突破が微妙になっています。
Imgp8235
今回のメンツは余裕ですが、いやな感じです。

大日山への橋はいつも結構怖い。
Imgp8237

大日山(13:12)
Imgp8241

この木の階段も結構こわいですね。
Imgp8244

途中で岩の上に立って高度感を楽しめます。
Imgp8248
なんてことありませんよ~のT橋さん。

がくがくで余裕のない私(写真byN河さん。)
Pict0041_2

稲村小屋出発(13:54)、ここからは法力峠から母公堂におります。
Imgp8258

法力峠まで何回か橋を渡るのですが、なんか変なのりがw
Imgp8261 Imgp8262 Imgp8266 Imgp8267
いちいちポーズをとるのでなかなか前に進みません。

しかし、14:53に法力峠についているので、1時間/コースタイム50分でまあ普通。
15:42登山道終了。お疲れ様でした~。
で、母公堂で、コーヒーをいただいたり、
デポした車を取りに行くのに車に乗せてもらったりで、
すっかりお世話になってしまった。
Imgp8287

で、いつもの洞川温泉で汗を流し、帰るのであった。
Imgp8289

2012年07月14日-15日SAC夏合宿 錫杖岳

2012年07月14日~15日は、SAC夏合宿で、錫杖岳に前日テント泊で登る計画。
平湯野営場について、テントを設営(14:48)。
後は、お風呂に入ってゆっくりして、晩御飯を食べてきたら宴会だ!
Imgp8065

時間もあるので、平湯大ネズコを見に行こうということで、
遊歩道500mという山道を20分ほど登りました。
Imgp8072

大ネズコを見ているとついに降り出しました。
Imgp8076

ひらゆの森で温泉に入って、歩いてテント場から来たのでビールが飲める!
Imgp8081

このあと飛騨牛鉄板焼きを夕ご飯に食べて、
Imgp8086

宴会~してたらまた雨が~
Imgp8089 Imgp8090 Imgp8092

私は、早々に酔っ払って先に沈没させてもらいました。

翌朝15日、結局一晩降った雨、朝ご飯を食べて、
撤収が終わるころには雨が強くなってきて、登山は中止となりました。

いったんふもとに降りるとなんと雨がやんで青空まででている。
けれど、平湯まで戻ると雨が…、平湯大滝でも見学しましょう。
雨の中足湯につかるイェティ。
Imgp8095

雨の中、滝が見えてきた~。
Imgp8101

近づくと、水量豊かなりっぱな滝。
Imgp8110

平湯神社と平湯民族館に、ここは寸志で入れる温泉があります。
囲炉裏端~
Imgp8122

Imgp8126

あれーみたことあるたたずまいの温泉だなぁ。
Imgp8128

見たことある湯船だなぁ~。
Imgp8129

思い出した!20年前にここに来たことがある。
上高地にツーリングに来た時に入れる温泉がなくて、
20時ごろここでお風呂に入ったなぁ。
暗くて、印象が違ったけどここに間違いない!

こんな水車もあったのか~。
Imgp8142

平湯神社~。
Imgp8144

そして、飛騨大鍾乳洞。大なべを記念撮影。
Imgp8145

鍾乳洞の写真はなしです。

ぎふ大和PAで雪が…、
Imgp8151

今回はすっかり観光旅行となったのでした。
こういうこともあるよね。

2011年6月25日 矢田寺へんろみち保存会

会社の社会貢献活動で、矢田寺へんろみち保存会のお手伝いに行ってきました。
Imgp3255_2

アジサイで有名な万葉の昔より矢田の里にある矢田寺、
平城京の時代からあるお寺で、都から見ると夕日に金色に染まって見えたことから
正式な寺号を金剛山寺。

当初は十一面観音菩薩と吉祥天を安置、平安京遷都にともないさびれたが、
満米上人により地蔵菩薩が安置されて以来、地蔵信仰の中心として栄えた…
貴族中心から庶民の信仰を集める戦略。歴史の成り立ちの一つを知りました。

草刈りの現場への道すがら、地主さんのお話、一般の人を案内する足取り。
初心者登山者として、参考になることばかりでした。

へんろみち…お遍路さんは四国ではと思いながら、
矢田寺の本堂裏山には大正時代に開かれた矢田寺八十八カ所霊場があり、
矢田丘陵の山道に四国霊場の各お寺の本尊様と弘法大師様の2体ずつを
石仏で現し巡拝するコースなのだ。
Imgp3266

今回は45番不動明王、岩屋寺から、モミジ公園の下草刈りをします。
Imgp3262

前日の天気予報は降水確率50%だったけど、また晴れ男がいたようです。
きれいさっぱり晴れて、草木もうれしそう…
Imgp3267_2 

モミジの幹を気づ付けないように下草だけ刈る。
何年かしたらこの辺はモミジの名所になることでしょう。
Imgp3268

9時半から11時の1.5時間、私はモミジ林の中を草刈、
遍路道周辺の草刈り機部隊が戻ってきました。
Imgp3274
残りは、市の若い衆が刈ってくれるとのことで、今回はお開き。

それだけだと面白くないので、へんろみちを歩いてみました。
Imgp3277
Imgp3278
Imgp3281

Imgp3282
Imgp3285
Imgp3287
Imgp3298
Imgp3305
Imgp3316
Imgp3350
Imgp3391

写真の方は手ぶれたお地蔵さまばかりでいいのがありませんね。
大汗をかきながら草刈&霊場巡りは13:24に駐車場着で終了。
Imgp3400 

底抜けに明るい空、梅雨明けを感じたハイキングでした。

2010年9月19日大台ケ原

Imgp0520
今回は個人山行で、大台ケ原に行ってきました。
独特の風景に癒されたくなったのと、懐かしい昔を思い出しながら、
ハイキングしてきました。

おっと、ブログをサボってたのでちょっと前の9月19日話です。

大阪の知人を迎えに7時前に橿原神宮前駅に、
暑かった夏がやっと終わったかなって感じ。
(覚えてるんか!っていう突っ込みはこの際なしで)

約2時間で大台山山頂駐車場に到着!うひょーピーカンってなもんです。
Imgp0500
しかし、9時前で駐車場はほぼいっぱい、紅葉の気配はないけど、
清々しい朝。やっぱ大台はいいね!

展望台(9時33分)
Imgp0501

遠くには伊勢の海(日出ケ岳展望台)
Imgp0506

三角点~
Imgp0509

日出ヶ岳から正木ヶ原へ、
Imgp0513

Imgp0515

Imgp0516

Imgp0517
今回はカメラが素直に撮影してくれます。

大好きな空の青とクマザサと白い木、大台の素敵な風景を持って帰れました。
Imgp0518

Imgp0519

Imgp0520

木道続きでちょっと飽きてきてたら、昔のままの道も残っていました。
Imgp0522

Imgp0524

Imgp0525

この辺が正木ヶ原
Imgp0527

Imgp0528

牛石ケ原、神武天皇像前
Imgp0533
うっかりしてて牛石を見落としました。
お昼はこのへんかなって思ってたけど、
すごく快調でもう少し頑張ることに。

たぶん不動返し嵓、
Imgp0535

以前は、大蛇嵓の根元に立っただけで、怖くて
四つん這いになっても前にいけませんでしたが、
今日は、余裕で先まで行けました。これは御褒美かな。
Imgp0537

Imgp0539

そして、シオカラ谷の方に、実はこっちは初めて行くのです。
Imgp0542

Imgp0546

つり橋の下でお昼ご飯。すごい人。
ぷち沢を楽しんで~。
Imgp0549

Imgp0552

ここからの登り返しは結構きつい。なんてねー。
Imgp0555 

急な坂を登るって駐車場に、まだ9月半ば暑かった。
Imgp0558

13時33分、ビジターセンターで少し勉強して、出発。
Imgp0559

杉の湯で汗を流して、ピヨピヨを発見。
Imgp0565

結局、橿原神宮に戻ったのは17時過ぎ。
やっぱ大台は遠いなぁ。
昔歩いた大台ヶ原は、雨の思い出しかないけど、
ここんとこと晴れ男っぷり全開で楽しい道中でした。
大台の風景は何度見ても美しく、癒される思いでいっぱいです。

後日談…

あれ~、万歩計ないなぁ…やっちまった~洗濯したか…
高かったのになぁ。

後日談の後日談

分解して乾かしたら復活してましたとさ。
もちろん歩数データは消えてました。

教訓

ズボンのポケットはちゃんとチェックしてから洗濯しましょう。

2010年4月11日 SAC4月例会 大洞山

4月の例会~、桜の中駐車場はお祭りムードいやお祭りしてました!

榛原駅集合8時10分、天気は曇り。
8時過ぎに到着。すでに皆さん集まっているご様子。

しかし、いろんなことが起きるもので、2名遅れる模様。
みんなでリカバリーを考えて三多気の桜の駐車場集合に変更。

再びトラブル発生、1名待機になりました。
大事故にならなくてよかったんですが、予期せぬことってあるんですね。

でも、お祭りの中、ゆっくりできて楽しかったノベでした。

あいにくの曇り空としだれ桜。(名勝 三多気の桜)
Imgp1891_2Imgp1892
Imgp1893Imgp1895

ちょうど、三多気桜祭りが開催されていて、賑やかです。

登山前のミーティング
Imgp1899

途中、タンポポも咲いていました。カンサイタンポポでしょうか?
もう少し同定できるぐらい写真とればよかった。
Imgp1901

大きな杉と山門、ふるまいの草もちゲット!
Imgp1903Imgp1904

大洞山への登りは急勾配。石段に苔がついていて、神秘的。
Imgp1912

へばりそうになりながら雌岳到着。展望がすばらしい。
Imgp1914Imgp1916

隣の雄岳へ、下って登って
Imgp1917Imgp1918

こっちもいい眺め~。
Imgp1920Imgp1923

石タタミの道をぐるっと、途中石の間から冷たい風が・・・神秘的なところです。
Imgp1925Imgp1926

水場で休憩~。
Imgp1927

展望台で休憩~
Imgp1930

降りてきたらお祭りも終わって、静かな境内。
Imgp1933

あとはあんまり写真とってないけど、温泉で汗を流して、
ココスで夕ご飯&持ち物の講習~。
ポチャマの防犯ブザーがありました。
Imgp1937

大洞山は、最初の登りが激しくて大変ですが、
景色も雰囲気もよくて、いい場所です。
登ってよかった~。

ちょっと暑かったですが、桜もきれいでベストシーズンなのでした。

山歩きオフ?宴会?(釈迦ヶ岳、谷瀬の吊り橋)

10月7日、友人のDahanに誘われて登山&キャンプに行くことに。
大塔道の駅に向け夜明け前の暗い道を愛車ミニカバを飛ばしました。

7時ジャストに霧で煙る駐車場に到着。
いたいた、Dahanさんとラガーマンさんが出迎えてくれました。

遅刻しなくてよかったと思いながら挨拶もそこそこに、駐車場の奥を眺めると、
テントのようなものと屋根のある休憩所にはビールの空き缶と、
シュラフで寝る人と、ジャックダニエルごめんなさいが!
関係者じゃないよなーと思いながら・・・まさか独りで全部飲んだわけはないよなーっ、
とか、妄想をしていたらそれが微四度さんでしたshock後で分かったんだけど、
宴会をやっていたらしい。酒飲みかー、ボクはのめないんだよなぁ。
と思っていたら二日酔いで白い顔のKatsu13さんと確かTochikoさんとも挨拶を、
どこからともなく響くいびき(河童さん)によく寝てるなぁ~静かにしないとと思ってると
元気な子供が走る姿・・・ヒロムくんとYさんでした。
一見やばいそーでほんとにやばいKajiさん、テントから出てきたMYKさん、
ぞろぞろ集まって来て、総勢11名のPTになりました。

みなさん家族のような親密さで、接点があるのがDahanだけのボクは、
ちくっと胸に痛みが走りました。むしろ切なかったかもしれない。
(朝礼にて自己紹介、ちゃんとブログやるかープロバイダーサービスにもあるしね。)

キャンプ場経由で山道を走り、釈迦ヶ岳登山口に向けて、
ぐねぐねの林道、紅葉のきれいな山肌を見ながらしばしドライヴ。
ついた~、いい天気!最高!ですが、Katsu13さんの白い顔がさらに白く、
気持ち悪いが何もでないらしい・・・5時半までのんでちゃねぇw

すでに登山口の駐車場は車も多く、先週降った雪が残っていました。

20091107_005

あう、こんなペースでかいてると、終わらないのでここからは巻きの方向で。

20091107_008
登山口です。ここから少し階段が続いて、のぼりが続きます。

20091107_016
20091107_026
尾根伝いに上っていきます。
熊笹がきれいで、木々のたくましい姿が印象的です。

20091107_039_2
あっという間に古田の森!違います。お昼です。
コンビにおにぎり3つ食べて、カップ麺食べてる人を
横目に、もってくればよかったと思ってると、
河童の人がおすそ分けをくれました。写真写真・・・
あ、食べるのに夢中でとってないや!
Tochikoさんがブナの実を見つけてくれましたheart04。写真写真・・・
あ!やっぱりとってない!

細かいことはいいかcoldsweats01

んで、お昼をとって登り口に引き返しました。
20091107_052
小屋の横に燃えるような秋を見つけました。

車に乗って一路キャンプ場へー!
20091107_055
吊り橋の下に到着!はやhappy02

20091107_057
そして、晩御飯のウツボのたたき!もう、写真を撮るどころではないので、
せっかくの猪鍋写真ないですcatface

えーえー、むかごご飯も、次の日のかつおご飯とお味噌汁も、ソーセージのケチャップ煮も、
みーんなおなかの中に消えました、腹の肉になってます。
ごめんなさい、飯炊き男さん、河童さん、Tochikoさん、Kajiさん、MKYさん。

そして、宴会へと~2次会へと~3次会へと~
これは5時半になるわ!納得happy01

20091107_069
これは、ヒロム君と撮った星の写真。
Yさんごめんね勝手に連れ出して、心配かけてごめんね。

途中で抜け出して、寝ようとしていたら、怪しいヘッドライトに叩き起こされて・・・
うれしかったんですがwobbly、いや、うれしかったんですcoldsweats01ってば。
ワインもおいしかったし、もうちょっと飲んでも大丈夫な気はしたんだけど、
メタボだしなぁ。

20091107_072
谷瀬の吊り橋の影が川面に落ちています。
上は阿鼻叫喚の地獄ですが、下からみると平和。

20091107_091
そして、温泉に入って休憩モード、写真は程よくピンボケで、
いい感じ!さすが俺様!・・・ただのピンボケです。
これが実力です。気にしないでください。

と、駆け足で、本当はすごく楽しくて、ご飯のおいしいキャンプでした。

みんな元気で、また会いましょう~。

-----であったみなさんたち----
猿板の河童さん、Tochikoさん、
戯山のKajiさん、MYKさん、
on a cloudのKatsu13さん、
Ezy Hykerの微四度さん、
ラガーマンさん、
Yさん、ヒロムさん