« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年09月15日-16日 御嶽山

2012年9月16日に御嶽山に登りました。Y口さんの送別および下見です。

今回は奈良からなので、前泊で田の原駐車場でテント泊して、翌日にアタックです。
前日は思ったより早くついて、お散歩。

前日の15日14時34分、御嶽山はガスの中。
昼過ぎには、下山開始するのが吉かもと思いながら、駐車場をうろうろ。
Imgp9266 Imgp9268

遊歩道をぶらっと歩くと展望台がありました。山登りができなくてもこの辺を散策するだけでも、来る価値はあるなぁ。
Imgp9271_2

明日平穏無事に登山ができますように。祈ったかどうかはわからないW
Imgp9273 Imgp9275

駐車場にテントを張って、晩御飯を食べて、おやすみなさい~。
夜中に結構車が来たように思います。少し騒がしいので駐車場泊は避けたほうがいいかも。
ハイブリットの車は、夜中に充電しようと勝手にエンジンがかかるので、それも気になります。
まぁ細かいことを気にしなければ駐車場泊も悪くない。

6時前に起床。朝の御嶽山は快晴。
Imgp9278 Imgp9279

朝の身支度をして、いざ御嶽山へ。6:15
Imgp9283 Imgp9287

御嶽山は信仰の山、いろんな人が来るのでしょう。階段の高さも抑えられていて登りやすい。さすがに山道なのでそんなところばかりでもないけど、登りやすい。
Imgp9290 Imgp9292

登り始めて45分でこの展望、さすが御嶽山!
Imgp9293 Imgp9294

石の間を縫うように登っていきます。ところどころに社があります。
Imgp9298

何度も振り返りながら登ります。今日は暑くなりそうだなぁ。
Imgp9299 Imgp9301

ここで九合目(7:43)、意外と早いペース?
Imgp9303 Imgp9304
ここまで来ると、慣れてないと歩きにくいかもしれません。空の色が変わってきた~。

そして、富士山が見えてきました。超ついている今年の登山。
Imgp9308 Imgp9309

登りだけで、この感動。頂上に着いたら泣いちゃうかもW
王滝口頂上山荘に着きました。(8:25)
Imgp9315 Imgp9318

王滝山頂の御嶽神社。
Imgp9320 Imgp9321

そして、剣ヶ峰までもう少し。
Imgp9322

ざれた山に見えますが、登山道はそうでもありませんでした。
しかし、3000メートル級なので空気は薄いかも。前泊は正解ですね。
Imgp9327

八丁たるみ(8:39)~御嶽山3067m(9:13)
やったー、御嶽山山頂です。来てよかった。
Imgp9344 Imgp9351

そして、ここまで来たら山頂をぐるっとめぐって帰るしかないでしょう。
来る前は、まぁ、いいか~とか思っていたけど、俄然やる気になりました。
Imgp9358 Imgp9360

来てみないとわからないものですね。荒涼とした山頂と周りの山の風景を見ながらのお鉢めぐりに癒される思いでした。
Imgp9361
地獄谷

Imgp9366 Imgp9369

Imgp9372

ああ、あそこから来たんだなぁ。
Imgp9373

そして宝石のような二の池が見えてきました。
Imgp9377

お花も結構咲いていて、ここは天国かな?って感じですね。
Imgp9380 Imgp9381

二の池のほとりに降りて、休憩。上から見下ろせる場所で休んだほうがよかったかな?
Imgp9382 Imgp9392

11時ごろに八丁たるみに戻って、怪しい塔…まごころの塔。
だんだんとガスが登ってきているようです。
Imgp9407

陽が少しかげって寒くなってきました。山頂直下で風があたらないところでお昼にしました。
雲行きも怪しくなってきました。王滝口も過ぎて、駐車場が見えます。
Imgp9412

御嶽神社に降りてきたころ(13:11)には、山頂はガスの中。
Imgp9417

駐車場に帰ってきました。
Imgp9419

アップルパイとアイスコーヒー。これ結構安くておいしい。
Imgp9421

というわけで、御嶽山登山は終了。
この後、温泉に入って、奈良をめざすのでした。
奈良からは、一泊二日コースですねぇ。

2012年09月09日SAC9月例会霊山

2012年9月のSAC例会は三重県伊賀市の室生赤目青山国定公園にある霊山766m
でしたが、天気予報がよくない見込みで個人山行に切り替えての山行となりました。
なぜなら、お楽しみがあるから中止できなかったのです。

参加メンバーは、CL:S谷さん、SB:O本さん、OK田さん、I村さん、M角さん、O田さん、N河さん、T浜さん、N村さん、I川さん、Tちゃん、Y口さん、K日さん、I藤さん、のべ

天理の駐車場に集合9:00、数台の車に分乗して霊山時に到着10:11
Imgp9187

境内の横を抜けて登山道へ
Imgp9188

とぼとぼと30分歩くと、コンクリートの木で作った階段。
Imgp9194

そんなに急でもなく、避けることもできるので厳しくはありませんが、
何のためにつけたのかは疑わしい。
Imgp9195

道中には、お地蔵さんや石造物がところどころにあります。
Imgp9196 Imgp9198

たまにこういうところもありました。まぁ、どうってことはないです。
Imgp9200

一時間歩いたところで休憩。さすがに暑いですね。
Imgp9204 Imgp9205

六地蔵さん。
Imgp9207

稜線を行く…、両サイドのロープの意味は?
Imgp9211
危ないと言えば危ないですが、そうしてくれてなくても、
いや、ないと落ちちゃう人が来るのか…

やがて八合目
Imgp9215

もうすぐ頂上ですね。自然林も増えていい感じ。
Imgp9219 Imgp9221

休憩ベンチがでてきました。
Imgp9222 Imgp9224

ラストの階段はしっかりした石段。なるほど、かつて寺院があったというのに納得です。
Imgp9226 Imgp9227

頂上は開けた芝生の気持い場所でした。
Imgp9229 Imgp9230

霊山山頂のベンチ。11:39
Imgp9231

石室の中には、聖観音立像
Imgp9234 Imgp9236

そして電波中継施設。
Imgp9238

昔と今が混在する不思議な山頂でした。
Imgp9241

そして、下山してのお楽しみタイム。
Imgp9254 Imgp9253

S谷さんが調達してきた鮎をふんだんにいれた鮎雑炊。
しかも休憩所が貸切状態で、ゆったりと休憩しつつ、ムカデもでつつ。
堪能しました。

帰りは白藤の滝に寄り道。
Imgp9257 Imgp9262