« 2012年07月29日高野山 | メイン | 2012年08月25日-28日涸沢フェスタ »

2012年08月13日-15日地蔵岳

去年からいつ行こうかと考えていた南アルプスの鳳凰三山。
ありがたいことに一緒に行ってくれるメンバーがいて楽しい山行になりました。

CL Y口さん、SL K本さん、Hさん、I村さん、のべ 5名
計画は、青木鉱泉(泊)→ドンドコ沢→鳳凰小屋→地蔵岳→鳳凰小屋(泊)
→観音岳→薬師岳→青木鉱泉の2泊3日、宿泊だけテント泊と小屋泊に分かれる構成。

8月13日移動日11:00奈良出発。初日は移動だけですが、天候は悪く雨。
途中出発が遅かったのと、道に不案内だったので、
暗い森の中を携帯のGPS頼りに青木鉱泉を探すことになって、
到着は温泉にぎりぎり入れる時間となりました。

キャンプ場も結構空いていたようで、いい場所をあててくれました。
雨の中さすがにテントで宴会はする気にはなれなくて、速攻で就寝しました。

5時半起床天気は雨。朝ごはんを食べて撤収作業を行い。
とりあえず登山を行うことで準備をして青木鋼泉の休憩所へ。
登るかやめるかで相談、9時まで待って小雨にならないなら撤退として、
でぐだぐだしてました。
Imgp8591 Imgp8593

そして9時ごろ少し小降りになってきたこともあり出発。
三山縦走の中止の結論は出さずに、鳳凰小屋で再度検討となりました。
Imgp8595

沢の水は特に増水はしていない。
沢を歩くわけではないが渡渉ポイントが何点かあると思っていたので、
とりあえずなんとかなるだろうと結論。
Imgp8601
ここで、H氏がヒルにやられました。鮮血がだらだらw

どうも、沢筋が崩れたらしく、整備中で立派な橋があったりで、
渡渉の心配は杞憂でした。
Imgp8609 Imgp8611

小武川第三砂防堰堤(09:42)、堰堤のすぐ手前に橋があり涼しかった。
Imgp8614

堰堤を越えるとしばらくは沢沿いを穏やかに登る地道。
湿気が多く暑いがてくてくと進む。
Imgp8617

ものの30分もしないうちに激登りが始まりました。
Imgp8622 Imgp8625

雨に濡れてガスを吐く山はしっとりとして綺麗です。
Imgp8627 Imgp8629 Imgp8630

滝を見学しながら優雅に登る予定が、暑さと湿気で大変な登りを2時間強いられて、
南アルプスは楽じゃないな~と反省する。
Imgp8634 Imgp8636 Imgp8639 Imgp8643 Imgp8650
時折、可憐に咲く花に慰められながらひーひーと登る。

山肌が崩落したところもあり、少し注意が必要でした。
Imgp8657

やがて雨の心配もなくなり、少し遅めの昼食を岩棚の下で、とりました。
Imgp8665

雨の登山ってなんとなく好きです。
Imgp8667

五色の滝(14:36)
Imgp8693

15時前、標高も高くなってきて、少し太陽も見え始めました。
時間がかかっていて少し焦り始めています。
Imgp8696 Imgp8697

やっと、山頂を見ることができました(15:29)。
Imgp8707 Imgp8709

20分も河原を歩くと鳳凰小屋に到着。
Imgp8715 Imgp8719

出発が遅くなったので予定も大幅に遅れましたが、16時前にはなんとか鳳凰小屋に到着。
テントを張って、晩御飯の用意を小屋の前の休憩所でしました。
条件は新しいテラス用に河原から手頃な大きさの石を運んでくること。

ソーセージを焼きながらビールで乾杯。
Imgp8724

小屋でワインを買ってきて~。
Imgp8725

晩御飯はかつ丼!ご飯を炊いて、調達してきたトンカツを卵でとじて。
Imgp8729

山小屋の前は可憐な花が育てられていていました。
Imgp8732 Imgp8734

この日は夕食をすませて、かたずけが終わったら就寝。
真夜中にロケット花火が飛んだような気がしますが、動物よけだろうということで、
明日の行程はせめて地蔵岳のオベリスクを見て下山することに決定。

6時起床、荷物はデポして地蔵岳に向かいます。
Imgp8736 Imgp8739

ざれた斜面を結構登ることになります。
幸いにも雨にぬれて土が締まっていたので登りやすかった。
Imgp8740

いよいよオベリスクが近くなってきました。
Imgp8743

下界は雲海の下。
Imgp8745

小屋から1時間で、地蔵岳のオベリスクのすぐ下につきました。
オベリスクには登らず周辺をゆっくり散策して、帰りの道につくのでした。
Imgp8750 Imgp8751 Imgp8754

賽の河原にもよってきました。
Imgp8763 Imgp8764 Imgp8767

後ろ髪をひかれつつも、鳳凰小屋(8:43)
Imgp8781

荷物を片づけて下山開始(9:11)。
しかし、登りもきつかったけれど、くだりもきつい。

2時間へろへろになりながら下ると、登りにお昼ご飯を食べた岩屋にT夫妻が。
やはり雨でこちらに逃げてきたそうです。
Imgp8797

堰堤(13:25)まで下ってくると小雨が降ってきました。
Imgp8802

13:54下山終了。
簡単に鳳凰三山の縦走はできないなぁと思いつつ、
奈良への帰路につくのでした。
いつかまた、トライしたいコースとなりました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/463271/30734233

2012年08月13日-15日地蔵岳を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿