« 2012年5月 | メイン | 2012年7月 »

2012年06月23日矢田山へんろみち保存会

2012年06月23日は矢田山のへんろみち保存会で草刈りの奉仕活動。
今年は参加者も多く3人ひと組での刈り込み作業。

アジサイの咲く矢田寺はこの時期有料となります。
作業の後はゆっくりアジサイの観賞をして、へんろ道を歩くのもいいでしょう。
Imgp7873

9時20分作業の諸注意を受けて出発です。ヘルメットをかぶっていざ出陣。
Imgp7877 Imgp7880

今年もお不動産に迎えてもらって、なんかヘルメットかぶって、マスクしたら、
昔懐かしい中〇派みたいになる。
Imgp7881 Imgp7882

ここら一帯が秋になるともみじの紅葉できれいになるはずです。
Imgp7883 Imgp7884 

作業は11時で終了し、解散したらお楽しみタイム。
アジサイを観賞しつつ、ぶらぶら。
Imgp7894 Imgp7895 Imgp7898

アジサイ園には8000株60種のアジサイが植えられていて、
今回は前日の雨で生き生きしている。
Imgp7902 Imgp7903

お昼は、ちょっぴり贅沢して、念佛院で精進料理「あじさい御膳」予約なしでいけました。
こんなお庭が見れます。
Imgp7910 Imgp7912

ご飯を食べ終わったら、お庭と展望を楽しめます。
Imgp7916 Imgp7917

変わったアジサイも見れました。
Imgp7922 Imgp7923

一度、山門まで降りて、一気にへんろみちを一周して帰ることにしました。
Imgp7928
こっからでちゃうとお金がいるので、Uターン。(12:20)

Imgp7930_2 Imgp7933

ミズカンナも咲いていました。
Imgp7947 Imgp7952

へんろみちスタート(12:35)
Imgp7954

おっと閻魔堂でボランティアの説明が。
Imgp7957

前回は途中でショートカットしましたが、今回はフルで行ってみました。
Imgp7962 Imgp7963 Imgp7966

お大師様と二人づれ
Imgp7969

草刈りをした紅葉林の中。
Imgp7971

展望台(13:03)は今日は満員だったので、スルーして山頂へ
Imgp7977

途中リュウゼツランのつぼみが~。おしい。
Imgp7978

ここが一番高いところ
Imgp7981 Imgp7982

生かされている今ありがとう
Imgp7999

結願!(13:29)
Imgp8005
がんばれって1時間10分で一周できました。
ボランティアと初夏のハイキングを楽しんだのでした。

2012年06月10日SAC6月例会 台高 伊勢辻山

6月の例会は、田辺支部が主催で台高主稜の伊勢辻山。
山名も伊勢参道の交差にあることに由来するらしい。

大又の和佐羅滝入口から向かう。(9:01)
Imgp7715
この渓流の水は飲料水として利用しており、汚さないように注意しましょう。

おや、道標が崩壊していますねぇ。和佐羅滝にルートをとります。
Imgp7721
何気に左にいったのですが、右は直線状の急な登りで、最後に苦しみながら下ることにw
素敵な渓流沿いに詰めていくと
Imgp7723 Imgp7726

30分ほどで、大きな滝が見えてきました。
Imgp7741 Imgp7743
Imgp7750

ブログや地図では、滝沿いに少し登ると登山道に合流できるような感じでしたが、
どうも一度崩壊したような感じです、無理に斜面をトラバースすることはあきらめて、
分岐まで戻って山頂をめざすのでした。
Imgp7735

天候はそんなによくありませんが6月にしては雨にもならず
薄暗い山道を山頂にむかって進む。
時折沢には小さな滝があり生活用水でなければ、楽しい沢登も可能な感じ。
Imgp7753 Imgp7755 Imgp7756 Imgp7759

沢沿いから尾根に出るころにはお昼になっていました。少し広い所で昼食をとります。
Imgp7780

お昼をしていると、怪しげな霧がでてきました。
Imgp7783

尾根を辿って、山頂に向かいます。ギンリュウソウも咲いていました。
Imgp7790 Imgp7792

やがて登りもなだらかになり、霧の森をゆく…幻想的な雰囲気です。
Imgp7799 Imgp7800

やがて木々がまばらになり、カヤトの山頂へ
Imgp7803 Imgp7804

到着1290m伊勢辻山(13:12)
Imgp7806 Imgp7807

記念撮影をして、しばし、霧の展望を楽しむ。
Imgp7819 Imgp7820

山頂を辞して下山開始(13:40)
Imgp7824 Imgp7825

苔むして落ちそうな木の橋
Imgp7841 Imgp7843

Imgp7848 Imgp7851

堺っ子ハイキングの表示を過ぎると、
Imgp7854

長い下り坂…これはきつかった。
Imgp7855

16:00登山口にもどりました。
Imgp7859

やはた温泉で汗を流して、帰路につくのでした。
Imgp7860 Imgp7863

今回は、夏に向けて標高差1000mを登り体力を確認するコースだったので、
少しきつめのコースでした。
6月としては天気もくずれず女性陣がたくさん参加した例会だったのでした。

2012年06月02日 台高三之公川明神谷

春の山は本当に生命力がみなぎっていて美しい。
新緑の沢登は、それだけで脳味噌が溶けてしまいそうな感じです。

今回は、台高の主稜線の水を集めて流れる三之公川の明神谷。
三之公(さんのこ)とは、南北朝合体後にいろいろあって、再興された南朝で
最後まで抵抗した尊義王、尊秀王、忠義王を差して三之公と呼んで敬い、
これが地名となったと伝えられる。
いろいろと、歴史ロマンのあるところですが、それは他にまかせて、沢登。

登山口到着(9:12)、山の神の祠
Imgp7512
幸いにも天候が悪く気温が低いので、6月TOPでも山ビルは活性化していなさそう。
ここは結構山ビルがでるようです。

沢は初めてなMさんにいろんなことを詰め込みながら、準備。
Imgp7516

私はぼーとしてて、準備がはかどらず出発が遅れました。(09:59)
いきなり階段から始まり明神滝まで30分の登山道です。
Imgp7519

大きな石がかろうじて止まっているみたいな…なかなかの迫力ある風情が。
これからの沢への期待が膨らみます。
Imgp7523

木の橋がたくさん新しくつけなおされていて、
去年の台風の被害から復旧が進んでいるようです。
Imgp7526 Imgp7529

真新しい橋を渡りながら先を急ぎます。結構ペースは速かった。
Imgp7538 Imgp7539

山抜けで登山道も一緒におちたのか、
Imgp7540 Imgp7541

30分ほどで、岩から滴が滴り落ちるところに来ました。
水が豊富で、苔が美しい森だなぁ。
Imgp7553

ここまでは、涼しいといっても登山道を飛ばしてきたので、
汗もでて暑かった。そろそろ、沢がいいなぁと思っていたら、
ほどなく、明神滝への分岐に到着(10:29)。
Imgp7555

滝の音を聞きながら登山道を下降すると、明神滝が見えてきました。
Imgp7557

巨木が倒れている河原、苔むした木々、滝からの飛沫。
Imgp7559 Imgp7560

もちろんこの滝は登らずもときた道を戻って高巻くのだけど、
わざわざ降りてきて良かった。
Imgp7565 Imgp7567

この滝は、光が入ってくると大抵は虹がかかっているそうですが、
今日は曇っていたので日差しが弱かったようです。
Imgp7573

名残惜しいけれど滝を離れて登り返し(10:37)
滝を越えたところで、強引に登山道を離れて沢筋に下降。ビンゴ!
Imgp7576
滝の落ち口は、水が飛び出していてきれいだったそうです。

さて、いよいよ沢登の開始です。
Imgp7578 Imgp7579
6月の登山は、雨で流れることが多いんだけれど、
たまに来るとしっとりとした空気の中で若葉が萌え本当に美しい。

しばらく森の中を沢歩き。さすがに台高は、雨も多く水が豊富なので、
苔生した木や岩を眺めながらの楽しい遡行。
Imgp7583 Imgp7586 Imgp7589 Imgp7590

ニノ滝8m(11:07)
Imgp7596
ここは、左岸を巻いてクリア…土が多く滑りやすい巻き。
少し巻いて振り向くとニノ滝を名残惜しそうに見ている仲間。
Imgp7600
直登はちと難しそうですねぇ。

ここは、意外と深く背の低い私は足がつかない位で、
泳ごうとして、左ふくらはぎが攣りました。
やばいなーと思いながら、自然復帰。
最初の登山道で頑張りすぎたかなぁ。
Imgp7606

しばらくナメを登っていると攣ったのも忘れていました。
Imgp7609 Imgp7611

岩のつまる4m(11:34)、ここは左岸から濡れずに登ることも可能。
Imgp7615 Imgp7616

またまた、しばらく楽しい沢歩き。
Imgp7617 Imgp7620
カメラが濡れ初めて、曇り始めたなぁと思っていると。

いい感じの滝が現れ、レンズ拭き拭き撮影。
Imgp7622 Imgp7624

しばらく平穏に登り続けると・・・
Imgp7630 Imgp7631 Imgp7635 Imgp7638

なにやらここだけ雰囲気の違う感じのところに出ました。
倒木が釜に突き刺さって、暗い感じの3段25mに到着(12:06)
Imgp7645

近づいていくと、倒木は実は巨木。手前は階段状なので余裕でいけそう。
Imgp7647 Imgp7651

しかし、奥が見切れない滝は怖いですね。簡単に1段目を登り2段目に差し掛かると、
Imgp7652
ここで、クライミング師匠F山さんに2番手をやってもらい、私はプチ安全そうなところで待機。
簡単そうに見えて、意外と手がかりの少ない。水が多く冷たいので流芯は避けたい。

そこまでいったら逃げられない。行くしかないけど、細くなっているところで、
水をかぶって登るしかないなぁ。
Imgp7653

気合い一発、リードのO田さんが突破しました。
やがてザイルが降りてきて、続いてF山さんがするすると登っていきます。

次は私か~。
ザイルダウン、いやなところにロープがあるなぁ。
少し怖いが、滑りやすい岩を登ってザイルを取って、
メインカラビナにザイルを付けて、バックアップにプルージックを付けて登り始めます。

しまった、今度は右のふくらはぎが攣りました。
が、ここまできたら登るしかない。

左岸をいけるところまで詰めて、いよいよ滝の中に。
あれ、手はあるけれど足がない。
トップロープでぐいぐい引き揚げてくれているけれど、
後少しの所で、行き詰った。顔は水の中、もう、戻れない。
2012_0602_121423aa 2012_0602_122507aa
Mちゃん曰く、何やってるんですか?の場所で、
本人は、必死でどうするか悩んでいました。

とにかく、下がれない、顔をあげると息ができない。
手は流水の中どんどん冷えていく…
背に腹は替えられない、這ってでも登ろう。
幸い水は滝裏のようになっていて頭を沈めると息ができる。
両足を左右の岩に押し当てると滑らずに進める。
手と腹と膝で這い上がるようにして少しずつ進んで、
登ったと思ったら、まだ先があった。
必死でここまで来たのに、最後にこれか~だが、
今度は手も足もあったので、怖いながらもなんとかなった。
これをリードしたO田さんには本当に頭が下がる。
Imgp7658
このクラックの様な間を這うようにして流れる水の中を、
文字通り這い上がって来た。

まぁ、苦労したのは私だけで、後の人はすいすい登ってきましたね。
全員無事のぼったあとで、少し遅めのお昼休憩となりました(13:24)。

ここで問題です。
出発が遅かったこともあって、最終目的地の馬ノ鞍峰まで行って、
下山するまで少し時間が足りない。かといって、ビバークするほどのこともない。
少し巻きが入りました。

サクサクと沢を詰めていきます。
Imgp7661 Imgp7662 Imgp7663

優雅な6m滝(14:05)
Imgp7668 Imgp7670

沢は水が少なくなり、やがて伏流水になりガレとなりました。
Imgp7671

また、水が出てくると沢はクライマックス。
Imgp7672 Imgp7673
7m9m(14:32)
少し気持ち悪いのでザイルを出しましたが、
みんな、余裕で登ってきました。

ここを越えると、いよいよ詰めです。とにかく斜面を急登。(14:48)
Imgp7677

約40分、息も絶え絶えに急斜面をがむしゃらに登りました。
いや登らないと終わらない。とにかく稜線に突き上げました(15:23)。
Imgp7678
つかれたび~と言っていると遠くで雷の音。

シャクナゲもシロヤシオも咲いているちょこっとご褒美。
Imgp7680 Imgp7681

そして、馬ノ鞍峰に到着(15:38)
Imgp7683

今回はここでのんびりしてられない。時間はもう15時40分。
日が長くなったと言え、2時間もすれば暗くなる。
休憩もそこそこにピークを辞し、乾いた沢靴でだましだまし下山に取り掛かる。

あら、ヤマツツジもさいてた。
Imgp7685

稜線の木の根に足を掬われないように気をつけながら、スピード下山。
Imgp7687

ヒメシャラの群生も結構ありました。
Imgp7688

稜線からの降り口が分かりにくいです。
テープがたくさん貼ってあるところで、とりあえず谷へ下降。
分かりにくいけれど踏み跡がついていて、
しばらくすると、テープも出てきて安心しておりれた。
下りも結構急だったけど、かくし平に降りてきた模様。
三之公行宮址(16:34)
Imgp7694

こんな立派な道標もありました。
Imgp7698

だいぶ下ってきて、Mちゃんがヤマビルを発見。
Imgp7702
始めてみたー(17:23)

そして、山の神が見えてきました(17:35)
Imgp7703

終わった。とりあえず無事下山(17:36)
まだ、だいぶうす暗くなってきていたけど日のあるうちに降りてきた。
思わず山ノ神にお礼のお参りをして、帰り支度。

道の駅「杉の湯川上」についたのが18:50。

高田の極楽湯で疲れを癒して、晩御飯!
今日は足が攣りまくって、血液どろどろなので、唐揚げ禁止令が発令されました。
素直にカツオのたたき+ご飯のセットをいただいて、家に着いたのが23時前。
翌日は動けない位の筋肉痛となるのでした。

クライミングも登山もまだまだなことを思い知らされた沢登となったのでした。
懲りてないけどw