« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年05月19日 稲村ヶ岳

メンバー3人:のべ、Dahan、Dahan's奥さん

久々にDahanと大峰山系稲村ヶ岳にオオミネコザクラを求めて山登り。
出発からどたばたの山行。
朝日で目が覚めて、そういえば昨日入れたメールの返事を確認しないと。
5時半にしよかーwお、5時15分無理やwメール入れてバタンQ(死語)だったもんなぁ。

とりあえず頑張ろう。5時20分ぐらいに電話して、6時に修正。
なんとか間に合った~。

しかし、すでに遅く母公堂の駐車場は満車。すまぬ。
Imgp7369

今日はリードをしろということで、僭越ながら先頭を歩かせていただきました。
ご夫婦で登ることが多いようなので、二人が写ってる写真がたくさんとれるといいね。
まぁ、ブログには載せれないわけで。

8:00 登山スタート
Imgp7374 Imgp7376

最初の分岐まで19分
Imgp7379 Imgp7381

あらー水場が無くなってる。ここらにコップとかあったと思ったけど、
Imgp7498
これは帰りに撮った写真。

今日は天気も良く若葉の色が美しい。
Imgp7383 Imgp7385

法力峠(9:05)到着。
Imgp7388

今回良く見た「山想遊行 通」の黒い札。
Imgp7389

体温調整して出発(9:10)
Imgp7393 Imgp7397 Imgp7402 Imgp7404

そろそろクマザサが出てきました。
Imgp7410 Imgp7412
お地蔵さま(10:11)

ひょこ!見えてきました~。
Imgp7413

Imgp7417

いつも思うんだけど雪があると撤退するのに、
夏だとなにも障害がないんだよなぁ。
山上辻到着(10:22)
Imgp7420

今日は稲村小屋から煙がでています。営業中始めてみた。
Imgp7421 Imgp7422

ふるまいのお茶がありました。感謝しながらいただきました。
Imgp7423
オオミネコザクラが大日山下のトラバースに咲いているそうです。

ここから稲村ケ岳への道も好きなコース。
Imgp7428 Imgp7429
こんなにいい天気の登山って久しぶり。

大日山見えてきました。
Imgp7430 Imgp7431

オオミネコザクラはこの下ね。
ありました。
Imgp7432
この花に会いに来たいなんてDahanも怖い顔してかわいいこと言うなぁw
このときのためだけに来たみたいで、稲村小屋までカメラも出さないw

さてさて、次の目標は冬道にある「剣」らしい。冬に行きたがるわけだ。
Imgp7436

振りかえると大日山、帰りによるね。
Imgp7439

鎖場~
Imgp7441

シャクナゲの藪を踏まないように気をつけながら、
藪を分け入ると…ありました。
Imgp7442

そして、稲村ヶ岳へ
Imgp7446 Imgp7447

じゃーん到着~(11:26)。
Imgp7450

方角がなかなか分からなくて、最初、金剛山だと聞いて目を疑いました。
が、磁石/地図で確認するとあっている。故郷があんなに遠くに。
Imgp7453 Imgp7454

こちらが弥山、八経方面。またまた、弥山小屋を発見
Imgp7459 Imgp7461

ヤマアジサイ?が咲いていました。
Imgp7464

でも、お腹すいてたまらんなぁ。でも大日山は登ろう。
Imgp7470 Imgp7473

さくさくっと戻って稲村小屋(12:49)
もうテーブルはほぼ満席、一か所空いてて良かった~。
Imgp7487 Imgp7488

お昼御飯を食べて、自家製の夏ミカンをいただいて、ちょっと天気が悪くなってきたなぁ。
13:42出発。

法力峠(14:39)
Imgp7496

登山口(15:24)
Imgp7501

洞川温泉(15:42)
Imgp7506

もったいないけど、ぱぱって下山しちゃった。
いい天気、いい友達といい山へ。
また、一緒に登ろう。

2012年05月13日 SAC5月例会行者帰岳

5月例会は行者還岳。小坪谷からの関電道から。
新緑が美しい山を快晴の元登れるなんて幸せそのもの。

8時大淀の道の駅に集合し、下市口駅で仲間を拾って、
小坪谷P(9:27)、行者還トンネル西に車をデポしに行っている間。
Imgp7224

今回は天理支部がホスト、
CL S谷釣師、 SL O管理長
M角ねーやん、I藤さん、K坂さん、
田辺支部 O田さん、Mちゃん、
八尾支部 N河さん、アコーデオン奏者O田さん、
奈良支部 G嬢、K元さん、Y口ねーさん、ともちゃん、のべ
ここに体験参加の3名と友情参加のT口さんを加え、総勢18名。
I村さんは、体調不良でキャンセル。

久々の大峰はバリエーションルート、きつめのルートだと思うけど、
いい山行になりそうです。

デポ隊が戻ってきて、ブリーフィング後、いつものストレッチをして出発。(10:05)
Imgp7228 Imgp7229

川沿いをトラバースしながら新緑の中をゆく。
Imgp7230 Imgp7231 Imgp7232 Imgp7233

沢登チックなルートを行きます。
Imgp7234 Imgp7235

美しい谷をどんどん詰めていくと
Imgp7240 Imgp7241 Imgp7243

いよいよ、谷からでて尾根に詰めあがります。
Imgp7250 Imgp7251

こんもり見えてきた行者還岳
Imgp7253

途中、登山道が落ちていたりして危ないところもありましたが、
CLがザイルを張り無事みんなトラバースできました。

お昼に、T口さんから、アマゴの塩焼きをふるまっていただきました。
途中、食べたい食べたい言っていたので見透かされたようで恥ずかしい。

やっと大峰奥駈道に出合いました。(13:41)
Imgp7254

PTは二つに分かれて行動するようになりました。
申し訳ないけれど、先行PTに入って、山頂をめざします。
ここからは大峰奥駈道を行者還岳の方に行きます。
Imgp7255

行者還小屋の手前に良い展望があるとのことです。
Imgp7256

小屋に到着(13:53)
Imgp7260
小屋の後ろの山が行者還岳。こちらからは壁です。

小休止して、山頂を目指します。
Imgp7269 Imgp7270 Imgp7274

地図には載っていませんが梯子や鎖場があります。
Imgp7277 Imgp7281
しかも急登、当たり前のように厳しいです。

やったー見えてきた。
Imgp7283

到着~、行者還岳(1,546m 14:28)
Imgp7286

弥山が見えます。小屋も確認できました。
Imgp7287 Imgp7292

シャクナゲのつぼみはまだ固い、
Imgp7295

だが、時間はずいぶん遅くなってきており、暗くなる前に下山できるかが、
ちょっと心配なペース配分になってきている。
Imgp7296
今日の敢闘賞の一人。このあと猛烈な巻き返しをしました。

奥駈道を一ノ峠に向かいます。
いや~いい道だなぁ。時間さえあればもっとゆっくりしたい。
Imgp7303 Imgp7304 Imgp7309 Imgp7316 Imgp7317 Imgp7320 Imgp7322

いよいよ稜線歩きも終わり行者還トンネル西へとルートをとります。
しなの木出合(16:18)
Imgp7329

下りも結構急なのね。
Imgp7332 Imgp7334

そろそろシャクナゲのつぼみも色づいたものがある標高まで下りてきました。
Imgp7335 Imgp7337

下りはもうちょっとあります。
Imgp7339 Imgp7340

行者還小屋で下山開始した別動隊に追い付きました。
Imgp7344

まだまだ下るよ。
Imgp7346

お、シャクナゲが咲いているところまで下りてきた。
Imgp7347

終わりが見えてきたー(17:24)
Imgp7349

西口着(17:28)
Imgp7357

後は、車にのって帰るだけ~。その前に反省会。
Imgp7363

今回は、若者のガッツとおね~やんのガッツが見れた、山行となりました。
みんなが協力して登山を成功させる貴重な体験ができたのでした。

2012年05月01日四国遠征最終日 瓶ヶ森

最終日朝は雨ではないものの曇り空。
フリーキャンプ場で快適キャンプ
Imgp7169 Imgp7170
意外と平らではないけれど、芝生の上でのテント泊は快適でした。

天気が良ければ石鎚山、悪ければ瓶ヶ森ということでしたが、
残念ながら山はガスに包まれています。
瓶ヶ森林道を通って、土小屋の駐車場について風は強いものの、まぁ小雨、
とっととカッパ来てやる気満々だったけど、瓶ヶ森に決定。

駐車場出発(9:07)
Imgp7171

雨、風の中をてくてくと男山/女山をめぐって下りてくるのでした。
雨が降っても、楽しい登山なんだけど、こういうこともあるよね。

Imgp7176 Imgp7177 Imgp7181 Imgp7183
大台ケ原の様なクマザサの中の登山道は晴れてれば気持ちいいだろうなぁ。

そして男山山頂の祠
Imgp7189

さらに歩いて行くと
Imgp7194

女山山頂の祠(1897m 9:48)
Imgp7196 Imgp7202

幻想的な雰囲気の登山道を下山。
Imgp7203 Imgp7205 Imgp7206

下山(10:25)こういうこともあるよね。
また来たい山ベスト1に登録された模様ですw

なぜか帰りにも酒蔵によって日本酒を調達して、奈良へ帰るのだった。
Imgp7217

帰りはまぁまったりとあちこちによりながらの道程。
Imgp7218 Imgp7221

さらば四国。また来るよ。今度はちゃんとね。