« 2012年3月 | メイン | 2012年5月 »

2012年04月30日 別子銅山跡

四国遠征3日目、起床して朝食をとっているとぽちぽちと雨が。
あわてて撤収し、合流予定のイエティを待つ。

マイントピア別子(06:47)
Imgp7154

待っていると8時集合で一の森にハイキングに行くというお母さんが、
仲間を見なかったか、訊ねてきました。

またまた、地元情報をゲット、雨もやみそうにない。
Imgp7156

無事合流して、行動予定の検討。
本日はあきらめて観光を行うため東平に、
ところが、車にカメラを忘れ写真なし。
銅山跡を観光。風が強く傘がさせない位。
我々は、カッパになれてるので、気にせずぶらぶら。
東洋のマチュピチュを一通り見学して、次はどうしよう。

蔵元でお酒を調達。
Imgp7159 Imgp7160

試飲ができるとのことで期待していたら、痛恨の運転主。
石鎚山ハイウェイオアシス道の駅小松オアシスの椿交流館椿温泉こまつで、
温泉&晩御飯。足湯でまったりして、近くのキャンプ場で宴会&芝生の上で快適キャンプ。

イエティの中国土産の鶏の足。意外とおいしかった。
見た目は、暗いので照らさなければ分からない。
Imgp7166

明日の天候の回復を期待しながら就寝。

2012年04月29日四国遠征 瀬場谷1/3

怒涛の転進劇を演じた次の日もよい天気!
静かな駐車場でぐっすり寝て、コンディションも良い。
Imgp7019 Imgp7024

ウェーディングシューズをはき、ハーネスを付けいざ瀬場谷へ
Imgp7026

はてさて、瀬場谷川について、入渓出来そうなところを探す。
Imgp7030 Imgp7033

きれいな水、水量も多い感じ、冷たい水。今年の沢登初めは最高のコンディション。
Imgp7034

吉野川水系銅山川瀬場谷、吉岡章著、関西起点沢登ルート100のガイドを手に、
楽しい遡行の始まり始まり~(7:45)
Imgp7035 Imgp7037

遡行風景をしばらくお楽しみください。
Imgp7039 Imgp7041 Imgp7042 Imgp7043 Imgp7049

中ボス4段15メートル。
Imgp7053 

まだ川の水は冷たく、じゃばじゃばいけないのが残念です。
釜を持つ滝が多く、高巻いてクリアする。

Imgp7055 Imgp7057

そして、高巻きで逃げ込んだところは…
Imgp7058

少し詰めあがりすぎたのもあるけど、ザレた谷合い。
大岩の間を通り過ぎる時に、難所に遭遇。
Imgp7059

ここで、初めての落石を経験。
人が入っていなさそうなところは、安定しているようで、
落ち切っていない岩も結構あるので、皆注意がいります。
今回は、落石のルートを読んだF山さんのファインプレイ。

緊張したので花でも撮影。
Imgp7060

そして、沢筋に下りるのに懸垂下降。いつもなら、ザイル出してくれないのにな~。
Imgp7061
簡単そうに降りてるけど、意外と振られます。
木で止まっている石をふんづけてしかられました。

少し緊張する場面を越えて明るい沢(9:30)
Imgp7063 Imgp7064

大きな釜を従えた導水路のある滝に行きあたりました。
Imgp7068
いろいろと考えた挙句、直登は断念し、すこし戻って高巻きすることに。

来た道を少し戻ると、左岸に導水路の柵を発見、
高巻き経路を発見してしてやったりな、Mr.Dash。
Imgp7069

意外と高い水取入り口(9:58)
Imgp7071

またまたご機嫌な沢。
Imgp7072 Imgp7073

そして、八間滝50m!大ボスが登場(10:01)。しばらく見とれていました。
Imgp7074 Imgp7076 Imgp7077

最大最難関の突破は、右岸ルンゼから巻き登りクラックからとガイドにある。
周りは屏風状に切り立った岸壁。逃げ場がなく、突破するしかない。

Imgp7078
右岸を巻き登ってみるも、木が茂り、下から見てもクラックがなかなか見つからない。
いよいよ傾斜が急になり、突破口を求めてクライミングを慣行。
「足元のいいところで、ビレイを頼む。」「骨は拾ってくれ。」
冗談交じりに言っていますが、緊張する局面であることは間違いない。

がさがさと枯れ葉を踏みながら突破口を探し、
いいクリップ場所がないのか、あまりクリップしていない。
やがて、核心を見つけたらしく、ロープがぐいぐいと出ていく。
残りザイルは10m位、「やったー」雄たけびがあがりました。
無事、滝頭にでた模様。

プルージックで確保しながら登ってくるように指示があり。
崩れやすい土のある斜面を詰めると、なるほどクラックがある。
登り始め少しハングしている。足は逆層。思案していると、
雲の上から「チムニーですよー」とアドバイスが。
なるほど、壁に背を当てて、足で突っ張ると安定。休憩できるー。

あとはよいしょよいしょと登ってゴール。
「ナイスクライミング」健闘を讃えあいながら、難所の攻略を祝いました。(11:08)Imgp7079

緊張の後は、リラックスして天国のような沢を行く。
Imgp7081 Imgp7082

Imgp7083 Imgp7084 Imgp7086 Imgp7087

特に緊張するような場所もなく、楽しく登っていける。
Imgp7089 Imgp7090

少し大変なところもあっり油断はいけない。
Imgp7091 Imgp7095 Imgp7098 Imgp7100

少し登る滝に遭遇、巻くのはちと厄介。
Imgp7106 Imgp7107

左岸から登って、滝の裏をくぐって右岸から登るしかない。
シャワーを覚悟して、滝をくぐって右岸へ。
Imgp7108

落ちても釜だしということで、サポートにもいかずに眺めていました。
あまり手がかりがなく、足もいいのがないようでもぞもぞしています。

難なくクリア。支点を作ってロープを出してくれました。
滝の裏は意外と空間があります。濡れるのは嫌だけど、仕方ない。
Imgp7112

思った通り、微妙な手がかかり、意外と小さい足場に苦戦しながらクリア、
その先はまた気持ちよさそう。
Imgp7114

振りかえるとともちゃんが登攀中。
Imgp7117

Imgp7121 Imgp7125 Imgp7128

そして、ゴール。瀬場谷前段3分の1が終了。
終了予定場所の登山道と合流(13:03)。
Imgp7130

ここから先もきれいな沢が続きますが、
今日はここまで、登山道を下ります。

後ろ髪を引かれるような、もう少し沢にいたいようなそんな思いで、
登山道を歩いていきます。この下が八間滝。
Imgp7140

登山道から見てもすごい迫力の八間滝
Imgp7144
あの左側をへばりついて登ってきた我々って…

途中、車をデポしたら楽そうな場所を発見。でも明日は天気悪そう。
Imgp7145

あら、登山口にもどってきちゃった。(13:45)
Imgp7146

駐車場に戻ってきて、移動準備。濡れた服を着替え、
あったかいアスファルトで暖をとりました。
2012_0429_135942aa
抜け殻状態(by ともちゃん)

明日の合流場所マイントピア別子を下見&温泉。
晩御飯はここ!チャイナ・ハウスすけろく。
Imgp7151_3
おいしい日本風中華をいただいて、大満足。

そして、テントを張って飲み会。
Imgp7152

その日の夜は、耳栓をして寝ていたのであまり気にならなかったけれど、
夜中に騒がしい連中が来ていたようだ。
絶滅危惧種の飛ばし屋ではないようで、天然記念物の暴走族のようだ。
鹿森ダム下のループ橋を回るのが猿並みにたまらんらしい。

そんなこともあったが、快適に過ごしたのでした。

2012年04月28日四国遠征

ゴールデンウィークの登山のお誘いがMr.Dashから来ました。
今回は、沢&四国で二ヶ岳と東赤石岳を沢登でとのこと。
しかし、天候が思ったより早く崩れそう。
さて今回の山行きはどうなることやら。

8時に自宅ピックアップしてもらい、奈良を出発一路四国へ。

晴天の暑いくらいの中、期待はいやがうえにも盛り上がります。
4月の例会に帰りに見た瀬戸大橋を今回はわたって、
淡路島から四国に上陸、晩御飯の宴会の準備をして、
入渓口の近くに幕営地を求めて、浦山川沿いを車で遡ります。

飯場を越えて、林道入り口に来ると…あらら通行止め。

突破するか、転進するか、この天候でこの選択は厳しい。
そうこうすると地元のおじさんが軽トラで通りかかりました。

仕掛けた罠の確認に通りかかったようで、いろいろとお話を聞かせてもらいました。
どうも去年の台風で山抜けした模様、修理が終わるのはめどが立っていないようです。
その後、山仕事らしき車やオフローダーが通り過ぎましたが、引き返してきている。
西谷川の方も崩れているらしい。おじさんの、昔話やいとこの話を聞きながら、
生姜の砂糖砂糖漬をいただきました。

ようやく、2日目の鍋床谷近くの瀬場谷へ転進が決定。
この間、おじさんと親睦を深めながら何の貢献もしていないヘボップリを露呈。

ともあれ、幕営地を筏津山荘に求めて行くと…、今年4月1日をもって閉鎖。
ただ、登山者のために駐車場は解放されておりました。
きれいなコテージやバーベキュースペース、ああもたいないなぁ。

この日は駐車場は満車状態、近くの山岳会の登山会のよう。

ともあれ駐車場にテントを張って、宴会開始~。
Imgp7013 Imgp7015 Imgp7016 Imgp7017

日本酒の味がちょっと分かってきたけど、相変わらず雑魚です。
この日はさっさと寝てしまって、明日への英気を養います。
遠征初日の様子をお伝えしました。

2012年4月8日 SAC4月例会 高御位山

今月の例会は、播磨アルプスの高御位山。

昨日のクライミングのメンバーに4名加えて11名、9時15分にJR山陽本線 曽根駅に集合。
車に分乗して、鹿嶋神社へ。車を下山口にデポして準備完了。
快晴に恵まれて少し暑いくらいのスタート。デーンと銀に輝く鳥居さん。
Imgp6820_3

駐車場の桜もほぼ満開。
Imgp6822

妙にはげ山っぽい感じですが、どうも山火事があったようです。
Imgp6824 Imgp6846 Imgp6847 Imgp6862 Imgp6866
かなり広範囲に火が及んだようで焼け跡が痛々しいですが、
すでに再生の息吹もあちこちにあります。

鹿嶋神社への参道を抜けて、神社でお参りをして登山口へ
Imgp6825 Imgp6834 Imgp6837 Imgp6840 Imgp6844

展望台が近くなると、露石が多くなります。
Imgp6848

展望台から先の百間岩はスラブ&スラブ。
ここは登山スキルステップアップに最適な岩場ですねぇ。
高度感はそこそこだけど、岩場の歩き方の練習を延々とできます。
Imgp6853 Imgp6860

百間岩を登り詰めると、跡は稜線をたどって高御位山を目指すのみ。
Imgp6864 Imgp6865 Imgp6867

快晴の中、稜線をたどってピークハントしながら歩く。
プチ縦走且つスラブもあって、アルプスとは言い得て妙です。
Imgp6870 Imgp6873 Imgp6874

山並みも弧状になっていて、立体的な眺望のある楽しい山です。
Imgp6877 Imgp6881

いよいよ山頂付近の反射板が見えてきました。
Imgp6885

またまたスラブ。乾いていて登山靴もしっかりホールドしていて楽しい。
Imgp6887
いまいち楽しさが伝わってこない写真ですがw

そして山頂到着。
Imgp6890 Imgp6891

それぞれ好きなところに陣取ってお昼ご飯です。
山頂は広く眺望もいいので人数が多くても気兼ねなくゆっくりできました。

Imgp6895 Imgp6896

高御位神社と三角点。
Imgp6898 Imgp6900 

山頂直下の岩場、よく見ると支点を打ってありゲレンデとなっているようです。
Imgp6903

そして、下山もスラブ状の岩を下る練習ができます。
Imgp6907 Imgp6914

高御位山を振りかえるとこんな感じ。
Imgp6911

ミツバツツジも良く咲いていました。
Imgp6917

青空!
Imgp6922

だいぶ下ってきて、採石場が見えてきたところでずっこけました。
Imgp6927 Imgp6928

下山完了~。
Imgp6930 Imgp6932

デポした車で登山口にデポした車を回収に行っている間、鹿島神社を参拝しました。
Imgp6936 Imgp6939 Imgp6941 Imgp6942

電車組を駅で降ろして解散。車組は明石江井島酒館で夕日の撮影&晩御飯。
Imgp6952 Imgp6954

奈良からは少し遠いですが、播磨アルプス縦走の例会は
晴天に恵まれ大成功のうちに終わるのでした。

2012年04月07日クライミング練習

Imgp6742
姫路 桶居山にクライミングの練習に行ってきました。
今回のメンバーは、Mr.Dash、ともちゃん、G嬢、T橋さん、Mちゃん、イエティ。

10時前に駐車スペースに到着。
何気なく撮った写真に本日のゲレンデが映っていました。

ふもとの神社にお参りをして、出発。
Imgp6743 Imgp6744

ゆっくり歩いて17分。クライミング用具を少し歩荷しただけで、
ぜーぜー息切れで全くしまらないスタート。

前回来た時は、トップロープが張ることができずに、屈辱の敗退だったらしい。
初見でリードしてトップロープを張るには難しそう。

初クライミングのMちゃんと永遠の初心者のべはDash先生の手ほどきからスタート。
少し離れたところの傾斜の緩いところで練習開始。
振りかえるとさっきのゲレンデの全貌が見えます。みんな上向いてルート確認中。
Imgp6746

ここは結構展望良くて休憩ばかりしていたような気がします。
Imgp6748

向かいはトップロープ設置中です。
Imgp6749

こちらも諸注意を終えて、クライミング開始、あら、Mちゃん余裕で登るのね。
ピンチぽっく見えるポーズの取り方の例を見せてもらいましたw
Imgp6752

懸垂下降の手ほどき、セルフビレーの仕方、支点の作り方、
私はおさらいだけど、Mちゃんは初めてのことばかりで大変だったろうな。
懸垂下降で降りて、2度目のクライムで初心者講義終了。
Imgp6771
初級岩はこんな感じ。

みんなのいるゲレンデに戻って一緒に練習。
ビレーの方も、基本動作確認してもらいながらできるので、
いろいろとアドバイスもらえます。

クライミング風景をお送りします。
Imgp6773 Imgp6777 Imgp6780 Imgp6782 Imgp6784 Imgp6786
Imgp6795

大型新人のMちゃんは初クライミングで、5本すべて完登。
Imgp6792

根性無しののべは5本中1本敗退。

朝は少し微妙な天気だったけれど途中から陽も差して、
気持ちいい本年最初のロッククライミングになりました。
Imgp6798

ふもとの桜も今日一日で結構開いていました。
明日の例会が楽しみです。
Imgp6815 Imgp6816

この後、姫路で宿泊して明日に続くのでした。

宿泊は、フローラルイン姫路。割引もあって安く泊まれましたが、
このホテルはクライミングジムも完備しているので、
時間があれば楽しめるホテルですよ~。と宣伝するのだった。