« 2011年11月 | メイン | 2012年3月 »

2012年02月19日 SAC2月例会 堂満岳

今年はたくさんの雪で雪かきや雪の後始末が大変なニュースをよく見ます。
雪国の方のご苦労が軽くなるようにと願いつつも、雪山大好きです。

今回は、比良山系の堂満岳、地形図を見ながらなんとなく、
イン谷~東稜線~堂満岳~金糞峠~イン谷のコースと勝手に思っていたら、逆回りでした。
下りは緩やかな方を選んだ方が気分的に楽なのと、せっかくの稜線で眺望もあるのに、
わざわざ後ろを向いて登ることもあるまい、素晴らしい景色を見ながら下りを楽しむ方が、
いいに決まっている。

コースガイドと地形図を見ながらいろいろと妄想をふくらませながら、
山岳部3年目にして、まだ、読図がちゃんとできていないなぁ。

6時会社前のバス停集合。
5時に起きてお湯を沸かして、コーヒー入れつつパン食べて、5時半出発だー…
あ、コンタクトはめないと、あ、靴忘れてた、あ、車の窓が凍ってる…遅刻しました。

比良駅までは渋滞もなく順調に到着。駐車場で他の仲間が来るのを待つ間、
何組かの登山者が歩いて出発していきます。
雪の積もった歩道で、ハクセキレイセグロセキレイが何かをついばんでいました。
Imgp6109 Imgp6111

これから登る堂満岳も青空の下にきれいに見えます。
Imgp6113 Imgp6114

湖西道路の下の林道への入り口は、つるつる滑る。寒いのにすでに満車状態。
Imgp6115

駅から歩けば1時間はたっぷりかかるが、車ではすぐ。
行動時間が稼げるありがたい。
車を降りて、準備をして…うーん、手袋が裂けてるなぁ。
今年買ったばかりのFinetrackのメリノスピンサーモグローブなのに…
あ、ホームページにひっかけに注意って書いてある…まぁそうだよな。
でも、激しく裂けているなぁ。ベルクロいっぱいあるからしょうがないけど、
ベルクロでないアウターってきょうびあるのか…
あったかくてフィット感がよくて気に入っていたけど、すでにぼろぼろとは…

登山口までの林道は、轍がくっきり。イン谷の駐車スペースに何台か入ってるのかな。
(9:17駐車-9:30出発)
Imgp6116

桜のコバ方面分岐(9:40)
Imgp6117

天気はどんどんガス気味に、下界はいい天気だったのになぁ。
この雪で、おまけに快晴なんて贅沢すぎるよね。
意外と滑らない雪道をサクッと歩いていきます。
Imgp6119

登山届を出して、
雪を踏み固めての場所づくりの練習をして登山前のストレッチとブリーフィング。
この雪を踏み固めて場所を作る作業は意外と重要。
ザック置き場、休憩場所やテント設営いろいろ応用します。

ここで今回のメンバーは
Mr.Dash(CL)、I村さん、Mちゃん、K日さん、キッシー、Y口さん、K本さん、ともちゃん、
T橋さん(SL)、M下さん、O田さん、M木さん、のべの13人内女性6名。
華やかな構成です。

大山口(10:24)までとっと進みます。
Imgp6121 Imgp6122 Imgp6124

堰堤に氷柱氷柱の正面谷かな。
Imgp6126

どんどん行きます。
すぐに体温があがって、サングラスが曇る。
日差しが少なくて助かる。
Imgp6127 Imgp6128 Imgp6131

堰堤の下でアイゼンをはいているPTがいました、
道をそれて装着しているものと思い込んでいました。
そこが、金糞滝直下の青ガレ方面への渡渉ポイントと気づかずに、
直進してしまいました。急に、難易度が上がった。
やたら踏み跡を踏みぬくようになって、斜度もきつくなってきた。
Imgp6132 Imgp6134

どうやら道が違うようです。
30分ほどロスしますが、無理せず戻って、なぜ間違えたか検証しました。

こちらが正解で、青ガレへの金糞滝の高巻き(11:47)です。
Imgp6136 Imgp6137

そろそろお腹が減ってきましたがもうひと頑張りして、金糞峠(12:30)。
Imgp6139 Imgp6141
人が多く、風が当たるので少し戻って、休憩場所作りがてら、
ラッセル練習。ピッケルを横に持って、大きく前にたたきつける。
それを支点にして、足をあげて乗り越えられないなら、膝で雪をつぶして、乗り越える。
風が当たらないように、ラッセルで雪の間に空間を作ってそこで休みます。
座れるように段差を作って、座布団を引かないとお尻が冷えるよ。
僕の定番のお昼は冬はカレーヌードル、サーモスで担いだお湯で作る。
カレーのいい香りがたまりません。

いつも通り昼を30分でとって出発。

おおきな木の樹氷に見とれました。
Imgp6143

あら大渋滞。ピークが近いのかな?
Imgp6150

お、ピークかなと思ったら偽ピーク、いい眺めなので写真渋滞か。
Imgp6145 Imgp6149
眺望が開けて、晴れていればすごかっただろうな。あの崖の向こうが堂満岳。

眺望のいい少しセッピができた崖の横を抜けてピークに向かう。
Imgp6151 Imgp6152

頂上もすごい人、狭い頂上なのでみんなで分け合えるようにしようと思う。
少し下った斜面に休憩場所を作成。この斜面ね。
Imgp6153

行きの下りはかかとから雪を踏みつぶしてステップを作る要領で、
普通の登山靴じゃつらいけど、重登山靴なら楽チンに決まります。

後ろから、グリセードでぐいぐい下るおじさんがいました。
基本の練習もあるのでスピードは遅いけど、忠実に頑張る。
好き勝手にやると、ルートも分かりにくくなるし、きれいな雪面が荒れるし…
楽なのは知っているけど、みんなの山という点であまり好き放題やっていいかは、
まだまだ、考えないとわからない。
ただ、どんどん下る内にまたもルートを外れた模様。
検証必要ですが、南壁の近くでテント設営の訓練していたあたりがあやしい。

あまり人もきそうもないので、グリセード、シリセード解禁にw
Imgp6154

雪がクッションになって優しく受け止めてくれます。
このまま、これで下ると疲れきって歩けなくなるかも、
楽なので気づかないうちに体力を使い切ってしまいそう。

堂満東稜線の絶景は次回に取っておいて、
今日は楽しく下山したのでした。

大山口で雪だるまが迎えてくれました。
Imgp6157

朝、グリーティングした場所で反省会。

帰り林道から琵琶湖がきれいに見えたはずなんだけど…
いい絵になってなかったので割愛。

比良駅の駐車場でデポした車に分乗し。
山を見ながら反省会。
Imgp6166 Imgp6168
また来たい山となりました。

ふと、足元を見ると雪の畑に菜の花が、春の兆し。
Imgp6167

帰りは琵琶湖越しに夕焼けを見ながら走ります。
Imgp6169 Imgp6170

今回の例会は、2度ルートを外れて結果オーライだったけど、
やはり、予定コースをきっちりトレースすることも登山技術。
雪山は景色も分かりにくく、踏み跡ばかり目立つので、間違いやすい。
ルートファインディングのレベルはかなり高くなる。

グリセードの練習もでき、シビアなコースじゃなかったのもあるけれど、
技術的には少しレベルが上がったのも実感できた登山でした。

美しい雪の積もった山を自由に足跡を付けるのも、
眺望のいい山頂を大人数で独占するのも、楽しいが故。
決して批判するようなことではないのだけれど、
少しの気遣いで皆が共有できることもあるはず。
もう少し、自分のマナーに磨きをかけようと思う。