« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月8日SAC50周年記念 剱岳

Imgp0329
8月10日、いろいろありましたが、剱岳に登れました。
リーダーI村さんとY邊さんのおかげです。

前日、超OBの方に、軽装で行って来い、
水は1㍑、行動食だけ持って11時までに戻ってこい!と叱咤激励されました。
できるだけ身軽にして、スピード優先した方がいいぞということらしい。

途中での渋滞などを心配して、4時半出発に決定。
空はなにやら不穏な雰囲気
Imgp0317

と思ったら、いい天気w
Imgp0318

相変わらず姿を見せてくれない剱岳。
Imgp0321

前剱頂上でこんな感じ
Imgp0323

ここでちょっと奇跡がw
Imgp0324
虹がでたんですよ。いまいちちゃんと撮れてないけどw

そしてぼんやりと、その姿を
Imgp0326

そのあとは、怖くて写真を撮るどころではなかったので、
一緒に行った人の写真を。カニのたてばい。
P8100084 
ちなみに私は軽く高所恐怖症です。
ビビりまくっています。
こういうところは、楽しむどころではありません。
光速でパスしたい。

そして待望の剱山頂
Imgp0328
ずいぶん疲れています。

これが4等三角点…良くかついでこれたよねぇ。
Imgp0331

頂上は雲海の上で、登頂を一緒に喜んでくれているようでした。
Imgp0334
Imgp0332
Imgp0330

そして、もっとも恐ろしいところ。
Imgp0336

落ちたら死ぬ。しかしそれは5mでも100mでも同じ。
トラバースの練習も、クライミングの練習もしてきた、
技術的にも体力的にもなんてことはないと思うが、怖いものは怖い。
こういうところがあるんだから、ツアーの人もちゃんと訓練してきてよ!
途中で止まられるとたまらん!ほど怖いので

途中から、どうもおなかの具合が悪く、剱山荘が待ち遠しかった。

ついて、おトイレを借りていると、豪雨でした。
傘を借りて剱沢小屋まで戻り、これからと明日の予定について、考えました。

雷鳥沢キャンプ場まで降りて、11日に大日岳にいって、ピストンする行程を
当初の予定としておりましたが、
今の雨は夜まで降る。夜から11日の昼にかけて晴れ、そのあとは雨。
台風4号が来ており、12日の戻りはやばそう…、やめたw
衛星電話を借りて、合流の人に11日12日の行程は中止して11日に降りる連絡を取って、
大日小屋にキャンセルの連絡をして、昼寝しました。

18時までひどく雨が降っていましたが、
Imgp0342
一瞬雨がやんで、剱が見えました。

翌日は5時から朝ごはんを食べてゆっくり出発。
Imgp0345
Imgp0349
Imgp0352

雷鳥沢のキャンプ場が見えます。こうしてみると雪渓も結構残っている。
Imgp0355

奥大日方面、三又に分かれた雪渓が印象的。
Imgp0358

立山三山にガスがかかっています。
Imgp0364

ここまでご一緒した人と別れて、ミクリガ池温泉へ
開店前の食堂は良い雰囲気。
Imgp0377

ブルーベリーソフトをいただきました。
Imgp0380

残念ながら一日の行程を残して、下界に降りることになりましたが、
一人では到底近付くこともない山に行けて本当に良かった。

体はついて行くんだけど、心肺能力がついて行かない今日この頃。

今回は、SAVASのRUNNER PROTEINとAJINOMOTOのamino VITAL waterを
持っていって、飲んでました。筋肉痛はほとんどなく…
ないからといってお盆にどこかにでかけることもなく、ぐうたら生活でした。

ああ、また行ってみたい~。

2010年8月8日SAC50周年記念

8月8日から8月11日までSACの50周年記念で、
初めての北アルプスへ。

奈良から一途、立山へ。台風が発生していてちょっと気になりますが、
前日の「点の記」のテレビ放送もあって楽しみです。

ケーブルカー、立山アルペンルートバスと乗り継ぎ、
初めて降り立った室堂平。

初日はあいにくのガス模様ですが雄山と大汝山が見えます。
Imgp0213
登ってませんが浄土山
Imgp0211
立山玉殿の湧水、室堂ターミナルのすぐ裏手?ね
Imgp0214

あとは雷鳥荘まで歩いて30分ほど、ミクリガ池、地獄谷、血の池
Imgp0217
Imgp0223
Imgp0228
歩いてい見て、地形図から感じた以上に起伏があるような感じです。
標高が高い為か、荷物が重い為か意外と息切れ。
ああ、運動不足の性か…。

本日の目的地、雷鳥荘
Imgp0230
温泉もあるし山小屋ルールの旅館です。
大先輩の話を聞きつつ、楽しい宴会で夜は更けるのでした。

8月9日、心配していた空も夜明けは多少ガスがあったものの、
西の空には青空が、今日は眺望も期待できるぞ。
Imgp0238

ミクリガ池が凪いで、
Imgp0243

ミドリガ池も雄山を映しています。
Imgp0245

雪渓を越えて、一ノ越しに向かう。
Imgp0247

立山室堂荘
Imgp0248

一ノ越山荘から雄山
Imgp0254

険しい山道を登ってやっと社務所が見えてきました。
Imgp0261

振り返ると五色ヶ原の小屋が、次はあそこに遊びに行きたい。
Imgp0262

一ノ越山荘から約1時間で一等三角点立山、雄山神社立山頂上峰本社
Imgp0264
Imgp0266

明神鳥居の下で、結構喜んでます。
Imgp0276

ピークの左を巻いて、大汝山に向かう。
ここまで来て、お祓いをしてもらっていないのに後悔しながら、
大汝山の山頂。
Imgp0284

休憩所から見上げた大汝山山頂。
Imgp0287

だだだっと、別山に、このころにはガスが多く怪しげな天気に
Imgp0296

剱岳はガスの中、つれないなぁ~
Imgp0298

雪渓で冷やしたビールをいただき、雷鳥沢のお弁当を食べて、
弁当横転事件なんかもありましたが、楽しいお昼を別山で過ごしました。
Imgp0299

途中、小雨が降ったりしましたが、無事、剱沢小屋に到着、
まだ、剱岳は姿を現してくれません。
Imgp0303

8月9日18時36分、やっとちょっとだけ見せてくれました。
Imgp0315

いよいよ、明日は剱岳に登るのですが、
びびりの私はもうこの辺で満足しております。
いや、あの山って本当に登れるのかなぁ。

つづくw

2010年8月1日SAC8月例会 武奈ヶ岳&八池谷(比良山系)

Imgp0203_2
今回の例会は、登山と沢登りチームに分かれて行動。
ついつい初心者なのに沢登りを希望。
連れて行ってくれる部長に感謝です。

涼しい沢で、少し暗いのと水がレンズについて全体的に、
写真はできが悪い。
Imgp0160

それでも沢は沢、豊富な水が流れ苔むした岩、
Imgp0166

取り付きと詰めが難しいとのこと、無事取り付いて少し行くと開けたところ。
Imgp0175

やっぱり沢の景色はいいねぇ。すごく幻想的。
Imgp0181

ごっつい木が沢にずり落ちている。
ものすごい雨の中の中のような写真ですが、
レンズが曇っているだけです。
Imgp0196

2.5m流木ささる
Imgp0197
ここの高巻きに難渋しました。

沢の途中で立派な杉を見つけました。
Imgp0198

Imgp0199

そろそろ沢も終わり。
Imgp0201

登山チームを待ちながら、
ふと梢にトンボを見つけました。
Imgp0204

沢も良かったけど、登山もすごくよさそう。
今度は武奈ヶ岳にいってみたい。