« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月18日宝剣岳~三ノ沢岳

Imgp0114_2
夢のような木曽駒ケ岳山頂から一夜明けて、日の出を見に中岳へ。
今日もいい天気だ~。4時45分、流れる雲と朝日と岩のシルエット。

振り返ると、朝焼けの中の木曽駒ケ岳。
Imgp0115
うそです。振り返っていません。岩の裏側に回りこみました。

中岳を降りて小屋の前、雲海の上。
Imgp0119

あれが宝剣岳。あそこは恐ろしい場所だった。
Imgp0120

よって、間はとばして山頂です。両サイドすっぱり落ちてます。
Imgp0122

岩峰を無事通り過ぎて、振り返って、一人恐怖におののいていました。
心臓バクバク、足ががくがく。トレーニングのおかげですくみあがることはなかったけどcrying
Imgp0125
なんかにこやかなのが憎らしい。

そして目指すは三ノ沢岳。
Imgp0126
これがそうでしょうか・・・あんまり自信はないw

そして、三ノ沢岳山頂。すごく人が多くてびっくり。
Imgp0133

何度も登り返してめげたところで、極楽平。
Imgp0141

ヤマハハコ?が咲いていました。
Imgp0140
花はたくさん咲いていたんですが、撮影技術がダメなので、
見せてあげない~。これはまぁまぁ。

駒ヶ根高原に戻ってきて、今晩の飲み物をw
終わった売店を無理やりあけてもらって…そんなことはしていません。
ここは18時まであいてるんだってばよ。
Imgp0142

晩御飯を食べて、キャンプ場でたらふくビールを飲んで、
夢のような合宿最終日の夜が明けました。
Imgp0144

これがテントね。
Imgp0145
広くて快適~。

人口壁を登って、楽しい合宿も終了。
カメラの電池切れで、写真少なめですが、
いつも同じようなことを言ってるw
2010_0719_125118aa
最後はO田夫妻のカメラから、メタボの壁登りっす。
この辺まで行くと足が震える高所恐怖症です。
と、言うとなんで山登ってんのって言われます。
まぁそうなんですが、山の景色大好きです。

2010年7月17日木曽駒ケ岳

Imgp0022
雨また雨で、ずっと行けなかった山。
増水の危険から急遽沢登りから登山に変更!
これが大当たりのピーカン。あついやん!ってもんです。

てな訳で、今回はSACでの夏合宿。
中央アルプスデビューなのでした。
1日目は千畳敷→中岳→木曽駒ケ岳、山頂小屋で山小屋どまり。

ミニバス忍者号も応援してくれいます?!ってこれ何?
うーん、突っ込みどころ満載。車内は大フィーバー。
Imgp0007

お昼はここでソースかつ丼。
写真はピンボケでないですよw
Imgp0008
足湯最高ぅ!
Imgp0011

と、昼ごはん食べて、バスに乗ってしらび平
Imgp0015 
もう、一杯あるのでまいちゃうね。
千畳敷駅から
Imgp0017Imgp0018

信州駒ケ岳神社にお参り。登山の安全と道中の平穏と無事の帰還を祈願。
Imgp0023
ああ、ちょっとググった位じゃ由来がわからない。

剣ヶ池方向。
Imgp0031

ホテル方向を振り返って。白く残る雪渓と雲が冬と夏の出会いだね。
Imgp0035

乗越浄土に到着~。標高高いから息が切れる。
幸い高山病の兆候はなし。
Imgp0042

謎の石碑
Imgp0049

中岳のちょっぺ。とんがってるねぇ。
Imgp0059

木曽駒ケ岳はガスで隠れいます。
しみじみ高いとこにきたなぁ。
Imgp0067 

もう、待っていたんだね。木曽駒ケ岳山頂に着くと、
ガスが切れて抜けるような青空が!
Imgp0069

ジグソーパズルにしたい位の、山と雲と空。
この景色が見たかったんだなぁ。
Imgp0074

みんなと山頂小屋に戻ったあと、もう一回登りました。
夕日が見れればと思い。
Imgp0091
Imgp0093
Imgp0101 
この後、ヘッドランプを忘れていることに気付いて慌てて下山。
おかしいなぁ。ウエストポーチに入れたはずなのに。
知り合いが確保してくれいてい良かった。

こうして、17日は暮れていくのでした。
Imgp0103
右下の青い屋根が小屋です。

あれ~カメラの電池が減ってきてる。
宝剣岳、三ノ沢岳に続く。